スキンケア

男のシミは若いときからの予防が大切!40代で後悔しないスキンケア

更新日:

男のシミ予防

うっすらと、なんとなくしか感じていなかったものが、気がついたら濃くなって顔中に!個人差はありますが、20代や30代くらいまでは気にすることもなかった顔の「シミ」。

子供の頃や10代の部活に始まり、20代には海に出かけてかまわずいや

どちらかといえば積極的に日焼けして・・・。

焼けた肌は健康な若者の象徴などと思っていましたが、今となれば肌にとって自殺行為ですよね。

その殆どが雑に扱われ、手入れのされないまま年齢を重ねて30代をすぎ40代・50代に突入した男の肌、あなたも気がつくと急に顔中に茶色や黒っぽいシミが増え始めて焦りはじめているのではないでしょうか。

さすがに顔中にシミが増え始めると老人のようですし、周りにも一気に年老いた印象を与えてしまうので気になってしまいますよね。

 

一般的に顔にできた元の肌色とは違う茶色ぽい色素斑を「シミ」と呼んでいますが、紫外線の影響で頬の上などに出来たシミの「老人性色素斑」やニキビ跡など、シミの種類もその対策も様々です。

ここでは、ワイルドに生きてきた男達が、30代をすぎ40代・50代に突入して急に気になり悩み始めるシミについてメンズスキンケアの視点からみていきましょう。

 

 

40代を過ぎた男の顔に現れるシミの多くは紫外線が原因

紫外線

一般的にいわれている「シミ」の多くは、日光の紫外線による影響が原因の日光性黒子とも呼ばれている「老人性色素斑」です。

肌老化の原因の80%が、紫外線によるものだといわれていますが、「老人性色素斑」は紫外線を浴びてすぐに肌に現れるわけではありません、紫外線によるダメージが年齢と共に何十年と少しずつ時間をかけて肌の奥に蓄積し突然あなたの顔に現れます。

紫外線UV-B(紫外線B波)を浴びた肌の細胞内で酸化や老化の原因である活性酸素が発生して、肌を守るために作りだされたメラニン色素が蓄積されたのち、ターンオーバーによって肌表面に押し出されてシミとなります。

早ければ、20代や30代過ぎた頃にはシミが出始める人もいますが、本来健康な人の肌なら約28日周期のターンオーバーによって肌の外側へと押し出されて薄くなります。

しかし、加齢や紫外線、ストレスや睡眠不足などによってターンオーバーが乱れた場合、茶褐色のシミが肌の表面に残り「老人性色素斑」となってしまいます。

このように多くの男性にとって子供の頃から日常的で、気にすることの少なかった紫外線による日焼けは、思った以上に肌老化の1つである「シミ」に対し大きく影響しています。

 

老人性色素斑への対策は

老人性色素斑は紫外線による影響が原因なのですが、多くの人は一生のうちに浴びる紫外線の約半分上の量を10代までの間に、すでに浴びてしまっているといわれています。

今はシミがないからと、油断して紫外線を浴び続けていると40代を過ぎたある日突然、シミだらけの顔に!ということになりかねません。紫外線への油断は禁物です。

ガンガンに日焼けしてワイルドに生きてきた男の肌もここから先は、しっかり紫外線をガードしていく必要があります。

 

老人性色素斑は目の周りの頬などに、はじめは薄い茶色の丸い色素斑が現れ徐々に濃くなっていきます。

ごくごく薄い初期の老人性色素斑なら、ビタミンC誘導体など厚生労働省が承認する美白有効成分の配合された男性用スキンケア化粧品やシミ消しクリーム、ピーリングにより古い角質を落とすことで効果が得られる場合もあります。

メラニン色素の生成を抑え抗酸化作用のあるビタミンC誘導体などの美白有効成分は、できればシミ・そばかす予防のために20代・30代から使いはじめるのが良いでしょう。

そして、時間が経過し濃くなってしまった老人性色素班や、もりあがりイボのようになった「脂漏性角化症」は、レーザー治療でとってもらうしかありません。

 

ニキビやキズ痕の茶色いシミ

ニキビやキズの痕が茶色くなって残ったシミは「炎症性色素沈着」といい、そのまま放おっておいても時間が経てば次第に薄くなり自然に消えるものもあります。

ただ、キズの具合や個人差もありますが、約2~3年またはそれ以上と時間が掛かる場合もあるためその間に日焼けしてしまい痕が残ってしまうこともあります。

 

炎症性色素沈着への対策は

痕が茶色いシミなって残った「炎症性色素沈着」には、肌のターンオーバーを早めるための「ピーリング」に、ビタミンC誘導体など厚生労働省が承認する美白有効成分の配合された男性用スキンケアを併用することで、早期の効果が得られる場合があります。

 

男の「シミ」・スキンケアまとめ

紫外線対策

ニキビ痕やキズ痕の茶色いシミ「炎症性色素沈着」は、自然治癒かピーリングで消える場合もありますが、紫外線が原因の「老人性色素斑」は、ごく初期の薄いシミなら、美白有効成分配合のスキンケ化粧品、濃くなったシミやイボのようになった「脂漏性角化症」は、レーザー治療しかありません。

これからできることは、10代までの間にすでに浴びてしまった、一生のうちに浴びる紫外線の残りの半分をしっかりガードしていくことと、ビタミンC誘導体など厚生労働省が承認する美白有効成分の配合された男性用スキンケ化粧品での日頃からの予防です。

この紫外線ガードとスキンケでの予防で、これからのあなたの肌老化を防いでいくことが可能です。

 

PR:BULK HOMME(バルクオム)

BULK HOMME

出典:BULK HOMME

BULK HOMME(バルクオム)は、「男性の肌」に必要な成分の品質だけを追求し、天然素材を中心にこだわり抜いた成分を潤沢につかって作られています。

 

スキンケアに馴染みのない男性でも使いやすいように考慮した商品開発により、低刺激でサラッとしてべたつかないつけ心地に仕上げています。

全製品にほんのり甘みのある爽やかな「フローラルフルーティーの香り」が配合されています。

全ての製品に特徴的な7つの共通成分と女性も羨むほどの豊富な美容成分を惜しみなく配合してることが大きな特徴となっています。

 

「リンゴ幹細胞エキス」

【奇跡のリンゴ】と呼ばれ、4ヶ月間腐らない希少品種のリンゴからエイジングケアに期待される「幹細胞」をとり出して培養、抽出した「幹細胞エキス」が「リンゴ幹細胞エキス」です。

リンゴ幹細胞エキスの細胞成分は、IPS細胞と似た働きを持ち肌の細胞の再生に関わっていることが分かっています。

肌老化の大きな原因である紫外線を浴びることによって生み出される活性酸素を除去してくれるのが「抗酸化物質」です。

バルクオムには細胞の老化の原因である「酸化」を防ぐ抗酸化」能力の高い「リンゴ幹細胞エキス」が、洗顔料・化粧水・乳液をはじめ全部の製品に贅沢に配合されています。

 

グリセリルグルコシド

酒造メーカー白鹿が発見した日本酒由来の希少な美容成分で、持続性の高い優れた保湿効果とメラニンの生成を抑える働きがあり、シミを防ぎ美白効果が期待されています。

また、グリセリルグルコシドは紫外線を浴びることで、体のコラーゲンが固まり肌の弾力が失われ、シワやたるみの原因になることを防ぐ働きがあります。

 

ユズ果実エキス(ユズセラミド)

ユズ果実エキス(ユズセラミド)はミカン科植物の柚子から抽出されたエキスで、植物系セラミドの中で最も人の角質セラミドに近く、抗炎症作用の他肌の細胞間脂質を整えることによって水分保持の効果とバリア機能を高めてエイジングケアに効果が期待されます。

 

玉造温泉水

BULK HOMMEには、出雲の日本最古の美肌の湯、玉造温泉の弱アルカリ性温泉水が入っています。その優れた泉質は、保湿効果や美肌効果とアンチエイジングです。

その他の共通成分

その他の全商品共通成分として以下、4つの成分が配合されています。

■ 加水分解シルク(保湿):保湿作用が期待される成分で、肌や髪に対する吸着性や浸透性に優れた天然のタンパク質。

■ チャ葉エキス(整肌):植物由来の殺菌・保湿・消臭効果をもつエキスで、抗酸化作用や肌を引き締める効果が期待されます。べビローションなどにも多く使われる成分。

 

■ セイヨウシロヤナギ樹皮エキス(整肌):セイヨウシロヤナギの樹皮エキスは消炎作用鎮痛効果効が期待される成分です。

 

フローラルフルーティーの爽やかな香り

バルクオムには、男性100人へのブラインドテストで1位になったフローラルフルーティーの香りが、全製品に配合されています。

ほんのり甘みのある爽やかな大人の香りで男性はもちろん、女性にも好まれる香りです。

 

浄汚力に優れつっぱらない洗顔料(THE FACE WASH)

バルクオムの洗顔料は「弱アルカリ性」で、こだわりの成分を配合した「生石けん」、濃厚で弾力のある泡のクッションは洗顔時の手と肌の摩擦をやわらげ軽減し、必要な潤い成分は残し肌をいたわりながらスッキリと洗えるところが大きな特徴です。

“復活の木”とも呼ばれるミロタムヌシの葉に含まれる「グリセリルグルコシド」や、肌に含まれる保湿成分の天然保湿因子を含む“黄金まゆ”のエキス「加水分解シルク」など、乾燥を防ぐ美容成分で潤いのベールを作り、すっきり洗えてツッパリにくいといった使用感を生み出しています。

 

サラッと低刺激な化粧水(THE TONER)

汚れと余分な皮脂を洗顔料(THE FACE WASH)で、しっかりと洗い落とした後は保湿効果の優れた化粧水(THE TONER)で、すかさず水分補給です。

別名「命の糖」「復活の糖」と呼ばれ、高い保湿性が特徴のオリゴ糖の一種「トレハロース」が配合され、乾燥しやすい男の肌の水分を一定に保ってくれます。

洗顔後の肌に使うことで、ターンオーバーが乱れガサついた肌に、しっかりと水分補給して余分な皮脂の分泌を抑え、弱った肌のバリア機能を高めて乾燥肌アトピー大人ニキビを防ぎ外部の刺激から肌を守ります。

 

べたつきを抑えた乳液(THE LOTION)

化粧水(THE TONER)でしっかり水分補給したあとは、すばやく肌になじみバリア機能を助ける働きのある美容成分「スクワラン」や潤い成分を配合した乳液(THE LOTION)で、水分と油分をコントロールして肌状態を整えダメージから守ります。

潤い成分をたっぷり配合しながらも、サラサラな肌触感を出すように成分比率調整されています。

男性が使いやすいスキンケアにするために乳液特有のベタつきを抑えてサラッとしていますが、使う量は肌質によって少しずづ調整していくと良いですよ。

 

バルクオムの日焼け止め■ THE SUNSCREENSPF40PA+++

バルクオム日焼け止め

 画像:BULK HOMME

他のバルクオム製品と共通配合の美容成分に加えて配合される成分の「アーティチョーク葉エキス」が紫外線によるシミやシワなどの光老化から肌を守ってくれます。(※ アーティチョーク葉エキスには、肌のメラニン色素の生成を抑える効果や毛穴を目立たなくする働きがあります)

また、肌に優しい「石油系界面活性剤」「シリコン」「紫外線吸収剤」フリーなので、様々な生活シーンで毎日使うことができます

バルクオムの日焼け止めサンスクリーンは、紫外線吸収剤を使わず肌の負担が少ない成分の酸化チタンを紫外線散乱剤として配合しているので効果も長持ちします

使い方は ・パール1個分程度を手に取り、顔全体に均等になじませます。
・手に残ったら、首筋から胸元、肩にかけた部分に使用してください。

SPF』の表示はUV-B(紫外線B波)を防ぐ効果の指標で最大50+、数字が大きいほどUV-Bを防ぐ効果が高いということになりす。

PA』の表示はUV-A(紫外線A波)を防ぐ効果の指標で最大PA++++の4段階表示、+の数が多いほどUV-Aを防ぐ効果が高いということになりす。

バルクオムの日焼け止め THE SUNSCREENはSPF40PA+++ですから、散歩や買物などの普段遣いから炎天下でのレジャーやリゾート地でのマリンスポーツなどの長時間、強い紫外線を浴びる過酷な条件下まで効果を発揮し、様ざななシーンで幅広く使えるサンスクリーンです。

 


バルクオムを確認する

 

 

バルクオムを安い値段で購入したい!最安値をまとめたこの記事へ

 

 

-スキンケア

Copyright© バルクオムの【生な口コミ】にやられた!ダメもとで朝晩洗ってみたら評判○○だった! , 2018 All Rights Reserved.