スキンケア

べとつき最悪なオイリー肌や大人ニキビは男性ホルモンによる影響かも

更新日:

男性ホルモンの影響

あなたはオイリー肌(脂性肌)や大人ニキビに悩んでいませんか?

 

思春期を過ぎ大人になった男性のオイリー肌や大人ニキビは、

生まれつきの体質以外では、肌の乾燥による影響が大きいと言われています。

 

そし大人ニキビや肌荒れといったトラブルを引き起こすことの多いオイリー肌の原因には

男女ともに分泌される「男性ホルモン」の影響があることがわかっています。

 

このページでは、男の悩み、オイリー肌(脂性肌)や大人ニキビ、枯れないためのエイジングケアに

大きく関わる男性ホルモンについてみていきたいと思います。

 

 

オイリー肌の原因の多くは男性特有の肌質

男性特有の体質

思春期に増えた皮脂の分泌量は、女性なら20台から30代をピークに年々減少していくのですが、

男性の場合は60代くらいまでほとんど変化しないと言われています。

 

自身の皮脂でべたつきテカった顔に悩んでいるあなたなら、きっとご存知だとは思いますが

「オイリー肌」の原因は、男性特有の水分維持能力の低さからくる肌の乾燥によるものが大きのです。

 

それは、よく言われている通り女性の約3倍も多く分泌する皮脂に比べ、男性の肌の水分量は女性の半分以下という特徴に起因しています。

もともと、男の肌は乾燥しやすくできているわけで、乾燥することで低下した生体維持機能、

外部の刺激から身体を守るために備わった肌の「バリア機能」を保とうとするために過剰に皮脂を分泌してしまい、

べたつきテカった最悪なオイリー肌の顔になってしまうわけです。

 

その皮脂を過剰に分泌してべたつき、テカった最悪な状態を引き起こす原因には、男性ホルモンも影響していると言われています。

 

男性ホルモンによる角化異常は大人ニキビの原因

大人ニキビは、角栓で詰まった毛穴に過剰に分泌された皮脂が溜まり、その毛穴の中で常在菌「アクネ菌」が異常繁殖することが原因で炎症を引き起こて生じています。

大人ニキビの発生はそもそも、角栓によって毛穴が塞がれてしまうことから始まりますが、

この毛穴が塞がれてしまう原因は、男性ホルモンの働きにより角質細胞が過剰に角化してしまい、

角質層が硬くなること(角化異常)にあります。

 

角質層が硬くなるのは加齢や紫外線などによる影響で、肌の乾燥を防ぐための天然保湿因子や

細胞間脂質のセラミドなどが減少することが原因でもあります。

口の周りやアゴ周りのUゾーンにできる大人キビは、男性ホルモンが原因だと言えるでしょう。

 

男性ホルモンの働きにより過剰に分泌された皮脂が角栓によって塞がれた毛穴の中にたまり、大人ニキビが出来やすい肌質を作り出しているのです。

皮脂が過剰に分泌されてべたついてテカったオイリー肌なだけで、角化異常によって毛穴が塞がれていなければ大人ニキビになることはありません。

 

このようにオイリー肌(脂性肌)や大人ニキビの原因となっている男性ホルモンなのですが、

男(雄)として非常に重要な役割を担うもので、「枯れない男」としてもこれまで以上に上手に付き合っていくことが大切なのです。

 

男らしさを形作る男性ホルモンとは

男性ホルモン

男性ホルモンの大部分を占めるテストステロンの影響を強く受け、男らしく形造られている男性の身体ですが、

この普段ほとんど意識することすらない、わたしたちの体内で分泌される テストステロン(男性ホルモン)とは、一体どんなものなのでしょうか。

 

ホルモンバランスの崩れは、体調を崩し病を引き起こすなど日常生活に支障きたすことにも繋がりかねません。

テストステロン(男性ホルモン)の値が高い男性は、精神的に安定してイライラすることも、不眠に悩まされたりすることも少ないと言われています。

これは、テストステロンに私達の精神活動や老化を管理している細胞小器官、「ミトコンドリア」の健康を保つ作用があるためです。

 

テストステロン(男性ホルモン)のもつ作用にはこの他に一体どんな物があるのでしょう。

ヒゲや骨、筋肉の増強と維持。(男らしい体型をつくる)

男性性器の発育と機能の維持。

性欲を高める作用。

ドーパミン(神経伝達物質)を作り出しバイタリティを高める働き。

血液をつくる働き。

一酸化窒素(NO)を産生する働き(血管の状態を正常に保ち動脈硬化の予防)

認知機能を保つ働きや記憶力、集中力を上げる働き。

メタボリックシンドロームの予防(生活習慣病の予防)

アンチエイジング効果。

このように、精神的な面でも役立つなど多岐にわたり、成人男性では1日に約2.5~11mg程度分泌され、生殖機能に直結する重要なホルモンだということが分かります。

 

また、テストステロンは女性の卵巣や副腎皮質からも微量ながら約0.5mg程度分泌され、分泌が過剰になった女性の身体は男性化を引き起こし、月経異常や不妊の原因となります。

 

男性の一般的なテストステロン値のピークは20代でそこから先、急激に数値が上がることはなく、逆に加齢と共に減少して「枯れて」いく人もいれば、高齢でもテストステロンの値を高く維持できている人もいます。

 

加齢と共に減少していくテストステロン(男性ホルモン)は、健康を維持することで減少を抑え高い値を維持することも可能ですが、皮脂腺から分泌される酵素(5α‐還元酵素)と結合することで変化を起こした悪玉テストステロン(DHT)の影響で髪の毛の成長を抑制してしまう働きがあるともいわれています。

 

ホルモンのバランスを保ち維持することが大切

肌老化

テストステロン(男性ホルモン)が減少すると、体内の「活性酸素」が増加するためカラダを錆びさせ、肌老化の原因にもなり「枯れて」しまいます。

また、テストステロンが減少することで増加した活性酸素は、血管を錆びさせ高血圧の原因でもある動脈硬化を招きます。

男性の血管機能は平均年齢41歳で低下し始め、平均年齢53歳の女性に比べて早く低下し始めることがわかっています。

男の40代は、「枯れない」ためにもまずはエイジング(老化)を認識するところから始め、健康面と肌老化に対するエイジングケアを考え直すべき時期なのではないでしょうか。

 

テストステロン値を高く保つには

適度な有酸素運動と筋トレ
適度な運動で筋肉に刺激を与えることでテストステロン値は高くなります。
軽いジョギング(有酸素運動)と、マシンや負荷をかけた筋トレが効果的です。

標準体重の維持
肥満の人はテストステロン値が低いことが分かっています。
標準体重を維持して太らないことが大切です。

質の高い睡眠の確保
睡眠時間の短い男性はテストステロン値が低いという研究結果が出ています。

毎日の規則正しい生活を心がけ、入用などでリラックスした後に質の高い睡眠をしっかり確保することで疲労とストレスが解消され、自律神経が副交感神経優位のときに分泌が盛んになるテストステロンの値は高くなります。

バランスの取れた食事
バランスの取れた食事からビタミンDと亜鉛、たんぱく質をしっかり摂ることでテストステロン値は高くなります。
またエイジングケアの面からも、活性酸素による酸化を防ぐ、タマネギやニンニク、ヤマイモや人参など抗酸化作用の高い食材を取り入れた食事が良いでしょう。なかでもタマネギには「ケルセチン」という男性型脱毛症の原因、悪玉テストステロンの排出を抑える成分が含まれており、大変おすすめです。

 

オイリー肌や大人ニキビと男性ホルモンのまとめ

オイリー肌(脂性肌)や大人ニキビに悩む男性の肌にも影響している男性ホルモン(テストステロン)についてみてきましたが、

テストステロン(男性ホルモン)の働きで、皮脂を過剰分泌することでおこる「オイリー肌」や、角化異常により毛穴を塞いでしまい「大人ニキビ」を引き起こすことがわかりました。

 

しかし、テストステロン(男性ホルモン)は、男らしい身体を生み出すだけでなくアンチエイジング効果や精神的な面でも役立つなど多岐にわたっており、生殖機能に直結する重要なの働きを担っています。

テストステロン(男性ホルモン)が減少すると、体内の「活性酸素」が増加してカラダを錆びさせ、肌老化の原因ともなり枯れてしまうため筋トレや質の高い睡眠時間の確保、タンパク質を含んだ食事などにより、テストステロン値を高く維持することが大切になります。

 

40代で枯れない男を目指すためには、まず老化を認識して健康面と肌老化に対するエイジングケアを考え直すべきです。

枯れない男のアンチエイジングに大切なことは、テストステロン値を高く維持すること、そして加齢によるオイリー肌や大人ニキビを防ぎ、枯れないためのスキンケアです。

 

 

 

 

バルクオムを安い値段で購入したい!最安値をまとめたこの記事へ

 

 

-スキンケア

Copyright© バルクオムの【生な口コミ】にやられた!ダメもとで朝晩洗ってみたら評判○○だった! , 2018 All Rights Reserved.